宮古島暮らし。観光ときどき不動産

宮古島移住者の情報ブログ。観光、ホテル、グルメ、ビーチ、日常、そして不動産

宮古島への交通手段・アクセス(飛行機編)

宮古島への交通手段をご紹介。

◆飛行機ルート

基本は、空路。飛行機ですね。
小さな宮古島ですが、なんと空港が2つもあります。

宮古空港みやこ下地島空港

宮古空港
宮古空港は、古くからある空港で、1923年に旧日本軍の海軍飛行場として建設され、1956年から民間航空機が運航されました。
現在はJALとANAが運航しています。(宮古空港HPへ)

下地島空港
みやこ下地島空港は、2019年3月に開港した新しい空港です。
元々は、1979年に開設したパイロット養成用の訓練飛行場でした。1994年までは南西航空の那覇線が就航していましたが撤退後、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)のパイロット訓練空港として利用されていました。しかし2014年には両社とも撤退。
2019年に三菱地所が、国際線、国内線、プライベートジェットなどが発着する空港として開港しました。
現在はJetstarとHKexpressが運航しています。(みやこ下地島空港HPへ

【日本航空 JAL(JTA・RAC)】(2019年6月現在 最新情報はJAL HPへ)
・羽田ー宮古  1日1便(羽田06:40→宮古09:25 / 宮古19:35→羽田22:25)
・那覇ー宮古  1日9便
・多良間ー宮古 1日1便
・石垣ー宮古  1日2便

【全日空 ANA】(2019年6月現在 最新情報はANA HPへ)
・羽田―宮古  1日1便(羽田11:50→宮古14:55 / 宮古15:35→羽田18:15)
・関西―宮古  1日1便(関西10:10→宮古12:40 / 宮古13:15→伊丹15:25)
 (夏は伊丹ー宮古便もあり)
・名古屋中部―宮古 1日1便(中部11:15→宮古13:55 / 宮古14:30→中部16:50)
・福岡―宮古  1日1便(福岡14:45→宮古16:40 / 宮古11:55→福岡13:55)  
・那覇―宮古  1日6便

【ジェットスター Jetstar】(2019年6月現在 最新情報はJetstar HPへ)
・成田ー下地島  1日1便
・関西ー下地島  1日1便

【香港エクスプレス HKexpress】(2019年7月現在 最新情報はHKexpressへ)
・香港ー下地島 週3便

 

【宮古空港 地図】

【宮古空港からのアクセス】
◆レンタカー
一番のオススメはレンタカー。
島内どこに行くにも車は必要になるので、レンタカーを利用するのが一番簡単です。
1日の利用料金が2,000~3,000円位の所もあるので探してみてください。

◆タクシー
宮古空港から、平良(ひらら)市内へは、タクシーで約10~15分(1,000~1,500円位)です。東急ホテル&リゾーツへは、約15分(1,500円位)、シギラリゾートへは、約20分(2,000円位)。

◆バス
バスは、2時間に1本程度しかなく、16時台には無くなってしまうので選択肢としては難しいです。ホテルの送迎リムジンバスもあるので、各ホテルに聞いてみてください。

 

【下地島空港 地図】

【下地島空港からのアクセス】
◆レンタカー
こちらも一番のオススメはレンタカーです。
下地島、伊良部島だけでも、それなりの広さがあり、歩いてどこかに行くというのは無理なので断然レンタカーがオススメです。

◆エアポートライナー
「ホテルでのんびり過ごすので移動はしない」という方へは、下地島空港から主要ホテルを結ぶエアポートライナーがあります。行先は、平良港、宮古空港、東急ホテル&リゾーツ、シギラリゾートで、料金は、600円~1,000円
みやこ下地島空港 交通アクセス

◆タクシー
下地島空港は伊良部島とほぼ一体となっている島で、宮古諸島の最西端に位置しています。その為、平良(ひらら)市内へは、約25分(3,500~4,000円位)かかってしまいます。東急ホテル&リゾーツへは、約35分(4,500円位)、シギラリゾートへは約45分(5,500円位)です。